Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの前田森林公園

この3連休、久しぶりに前田森林公園へ飛ばしに行きました。

日曜日は強風にもかかわらず私を含め5名。

今日、月曜日は珍しく風が弱く絶好の飛行機日和で大勢の方にお会い出来ました。

皆さん全国大会に向けて着々と準備している様子、ちょっと焦ってきました( ̄◇ ̄;)


ところで皆さんホチキス機飛ばしてましたね~

最近ちょっとお休みしてたのですが、またやる気が湧いてきました。

N田さん、せっかくのオリジナルホチキス機一発でロストしてすいませんでしたm(_ _)m

縦の安定

上昇はよくなりました。

頂点の返りもまずますです。

が、滑空がよくありません…

どう良くないかって、ピッチングが収まりません。

水平に滑空するのに一度ピッチングが始まると、だんだん大きくなって墜落です(;ω;)


これは…尾翼が小さいんでしょうか


切り折り飛行機のダイビング

紙飛行機教室で使う切り折り飛行機を作る過程で、最初に強烈なダイビング(機首下げ)に苦労しました。
主翼幅を小さくすることや他の方が公表している図面を参考にさせてもらい、なんとか切り抜けました(笑)

ただ、いつも使うジャパンカップ仕様のゴムで水平にいっぱいに引くと
強烈に機首下げダイブしてしまう…  
上に向けて打つと クルクル回転しながら上昇…(;ω;)

根本的に設計を見直すことにしました。

DSC01637_convert_20120816221009.jpg

それがこちら↑
最初は一番右の機首が長いものを作ってみました。
なぜ、機首を長くしたか…”勘”です。

飛ばしながら重心を調節して…あれ? ダイブしなくなってるじゃないですか( ̄▽ ̄)
機首を長くしたことが原因かと思い少しずつ機首を短くしたのが他の2つです。
主翼から下は全く同じ寸法です。

きちっと定量的に試した訳ではありませんが、感覚的に水平打ち出しでは確実に機首の長いほうがダイブしにくいと思います。上に向けて打ち出すと劇的な差はないんですが、機首の短いものは力加減なんでしょうか時折クルクル回転したり、フラッターのような変な音がしました。
機首の長いものは私のリーチでめいっぱい引いても素直に上昇してくれました。

上昇軌道は
結構、爽快デス(^^♪

しかし、新たな問題が…

つづく(笑)





紙飛行機教室

今日は紙飛行機教室へ出かけてきました。

全部で30人近くの親御さんと子供さんに参加していただきました。

喜んでもらえたかなぁ~ と少し心配ですが、ケガもなく無事に済んでホッとしてます。


教室の終わりに一番元気良かった子供たちが近寄ってきて


「ありがとうございました!」 って頭下げてくれました。


嬉しかったです(*^^)v


ようやくできました?

悪戦苦闘の末、ようやく明日の紙飛行機教室に使う機体が完成しました。

DSC01621_convert_20120728220348.jpg

つどーむの時の機体よりも後退角を増やして主翼幅を短くし、機首補強を増やして主翼の一部までカバーしてみました。

このタイプの飛行機を作っていく中でフラッターが強烈に起きましたが、写真の機体でも強くゴムを引くとまだダイブします。最初よりは格段に良くはなってますが…

まあ、天井の低い体育館で飛ばす予定なのでいいんですけど(笑)
いっそのこと折り紙飛行機も作ろうなんて考えてます。

ところで、フラッターを防ぐ方法を考えていますが、今のところなんとなく2つあります。

①主翼は小さくする
 かなり小さくても大丈夫みたいです。

②長い機首
 なぜかは全く分かりませんが、機種部分を長くするとゴムカタパルトの初速に耐えるようになり高い高度まで上げることができるみたいです。これについてはまた後日書きたいと思ってます。

さてさて明日、頑張ってきます
3歳児もいるって…おいおい


 
 

Appendix

プロフィール

北海道紙飛行機を飛ばす会旭川 管理人

Author:北海道紙飛行機を飛ばす会旭川 管理人

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。